LNSブログ

10月26日の解答及び解説です。

カテゴリ
投稿日

家庭教師のLNSです!

 

 

今回から従来通りのワンポイントレッスンに戻ります。

 

 

—————————————————————————————–

 

 

問1:勤労者の相互扶助(ふじょ)に基づいた共同社会の設

   立を目指したフランス人哲学者フーリエ、又スコット

   ランドおいて初めて幼稚園付きの紡績工場(ぼうせき

   こうじょう)を初めて作ったイギリス人哲学者などは

   一般的に何と呼ばれますか?

 

解答:空想的社会主義者です。

 

解説 :  シャルル・フーリエ、ロバート・オーエン、そして

    問題中にはございませんが,サン・シモンを問2の

    解答である思想家達が「空想的社会主義者」と呼び、

    彼らの思想が非科学的で未熟なものである事、非経

   済学的観念論として批判される事となります。

 

 

 

——————————————————————————————–

 

 

 

問2:問1の考え方を(1の答え)として批判し、後の

   ロシア革命の彼らの著作は聖書的な位置にまで上

   げられ、各地の人々に、現在までも、影響を与え

   るドイツ生まれの哲学者2人は誰ですか?

 

 

 

解答:カール・マルクスとエンゲルスです。

 

 

 

———————————————————————————

 

 

 

問3: 今度は解答2の思想に反対し、政府という存在は

    不要であり、一切の私的財産(してきざいさん)

    を認めないと言った思想を何といいますか?又こ

    の思想家の代表的ロシア人を挙げましょう。

 

 

 

解答 : バクーニンです。

 

 

 

解説 :  バクーニン国家の廃絶と完全な個人の自由

   求めました。第1インターナショナルでは双方

   の思想の違いから、マルクス、エンゲルス派と

   対立しました。

 

 

 

 

   一覧へ戻る  

お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

LNSブログ

学校、勉強、受験。毎日のヒントに。

カテゴリー

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る