LNSブログ

旅人算の基本:I先生

カテゴリ
投稿日

 

旅人算の問題です。旅人算は受験問題でもよく出ますし、一度理解すると解けるようになるので必ず勉強して欲しい分野です。

旅人算はパターンがある程度決まっており、二人が別方向に進んでどこかで出会うパターン、別の時間に出発して同じ方向に進み、追いつくパターンです。この二つのパターンを問題で解いてみましょう。

 

問題1

兄と弟が池の周りのある地点から同時に出発し、池の周りを歩きます。二人は逆方向に進みます。池は全周900mです。兄が分速110m、弟が分速70mで進むとき、二人が出会うのは出発から何分後ですか。

 

問題2

問題1で、二人が出会ったときに兄は何m進んでいますか。

 

問題3

弟が7時10分に出発し、分速60mの速さで学校へ向かって歩いています。弟の忘れ物に気付いた兄が分速80mの速さで、7時15分に出発して歩き始めました。兄が弟に追いつくのは何時何分ですか。

 

問題4

問題3の追いついたとき、家から何mの地点ですか。

 

   一覧へ戻る  

お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

LNSブログ

学校、勉強、受験。毎日のヒントに。

カテゴリー

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る