LNSブログ

高校物理(超初級)  着目物体に及ぼす力(解答):YY先生

カテゴリ
投稿日

 

今回は、『着目物体に及ぶ力は何か』の解答です!

 

【問1】
それぞれに働く外力を答えよ

 

      Point
        着目物体に働く力を考えるときは、『する力』ではなく『される力』のみを考えます。
         (例)地球に引っ張られる力→重力
                     糸に引っ張られる力→張力
                    床に押し返される力→垂直抗力 など

 

 

【問2】
質量Mの物体Aと質量mの物体Bが滑らかな床の上に置いてある。
Fという力を加えた時、両物体は加速度αで動いた。

 

 

物体A,Bに及ぼしあっている力をとするとき、
 ① Aに働く外力を考え、運動方程式を書け
  (解)Mα=F-f
 ② Bに働く外力を考え、運動方程式を書け
  (解)mα=f 
 ③ A+Bを一つの物体とみた時、それに働く働く外力を考え、運動方程式を書け
  (解)(M+m)α=F

 

 Point
  ③は、①+②となっていることが分かります。
  ③を考えるとき、fは内力となるため、運動方程式からは
  消えます(内力は考えない!)

 

   一覧へ戻る  

お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

LNSブログ

学校、勉強、受験。毎日のヒントに。

カテゴリー

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る