LNSブログ

高校物理(初~中級)学習法と運動方程式:YY先生

カテゴリ
投稿日

 

今回の学習法のアドバイスは、教科書の例題&問がスラスラ解けるレベルの人向けです!

教科書の例題&問がスラスラ解ける(“公式を見ながら”はダメですよ!)ようになったら、学校指定の問題集(教科書の傍用問題集)も並行してガンガン進めましょう!その際、一気に教科書を仕上げてからではなく、単元ごとに、教科書→問題集(基本)→問題集(応用)を繰り返すと効果的です。最近は、書店に沢山問題集も並んでいて、それらにも手を出したくなるところですが、まずは教科書の傍用問題集を仕上げてからにしましょう!

 

では、今回の問題です!
今回のテーマは、運動方程式(初~中級)です。

 

質量mの物体Aの下に、ばねを通してAと同じ質量の物体Bをつるす。これと質量3mの
物体Cとを糸の両端につけて、図のように滑車につるして重力の作用で運動を起こさせる。

このとき、物体A、B、Cは一定で等しい加速度で動いたとする。糸の張力をT、ばねの弾性
力をF、重力加速度をgで表す。

 

ばね、糸、及び滑車の質量は0とし、滑車は滑らかに動くとする。次の各問いに答えよ。

 

 1)物体Aの加速度をaとする。ただし、加速度は上向きを正とする。
   物体A、B、Cの運動方程式をT、F、m、gおよびaを用いて表せ。
 2)加速度aを求めよ。
 3)張力T、および弾性力Fをm、gを用いて表せ。
 4)これらの物体が動いているとき、物体に衝撃を与えないようにして糸を切った。
   その直後の物体A、B、Cの加速度aA、aB、aCを求めよ。
                                 (東京農工大)

 

 

   一覧へ戻る  

お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

LNSブログ

学校、勉強、受験。毎日のヒントに。

カテゴリー

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る