コラム

家庭教師のLNSのトップ > コラム > いろんなタイプの高校生に対する自然で温かみのある接し方

いろんなタイプの高校生に対する自然で温かみのある接し方


会話が苦手な高校生の接し方



家庭教師や学習塾の先生、学校の先生など高校生と一緒に生活を送る職業の方がいますが、そういった方を含め、高校生とどのように会話をしていったらいいのか、時には難しく感じてしまうことでしょう。ちょうど思春期の時期でもあるので、ちょっとしたことで傷ついてしまいます。そのため、配慮をしながら上手に会話をしていく必要があります。まず会話自体が苦手な高校生の場合には、急に話をしても戸惑ってしまいますし、会話が苦手なため、非常に苦痛を感じてしまうかもしれません。そのため最初は多くは会話をせず、一緒にいる時間を増やしてお互いの距離感を徐々に縮めていくようにします。そうすることで会話が苦手でも徐々に慣れてきますし、精神的な苦痛を感じることもありません。

話をしていってもいいかどうかの判断は相手の表情で確認をします。相手の目を見た時に戸惑いを感じている場合には、もうしばらく話をすることは控えるようにします。少しずつ相手の表情が和らいできたら少しだけ会話をしてみます。会話の内容はプライベートなことではなく、ちょっとした適当な会話でもいいでしょう。会話を少しずつしていくうちに距離感もなくなっていくことでしょう。少しずつ距離を縮めていくことができれば会話ももっとスムーズにできてくるものです。会話が苦手な高校生に対しては無理に話をする必要はありません。お互いの距離感が近くなれば自然と会話ができるようになるので、それを我慢強く待つようにしましょう。反対に接し方を間違えると、相手は話をしてくれなくなる恐れがあります。特に学習指導を行う職業の場合、困ってしまうことが予想されます。とにかく無理をせず時間をかけて人間関係を作っていくことが大切です。



反抗的な高校生の接し方



生徒の高校生の中には反抗的な態度を取る子もいます。そのため初対面の時には大きく動揺してしまうこともありますが、これはよくあることなので、そこで動揺せず、時間をかけて人間関係を作っていくようにしましょう。また相手が反抗的でも、こちらは態度を悪くすることを避けなければなりません。こちらが態度を悪くすると、より警戒をして反抗的な言動を取ってしまい、その後にいい人間関係を築くことが難しくなってしまいます。

反抗的な態度を取る高校生でも一緒にいる時間が長くなれば少しずつ心を開いていくようになります。そのため積極的に声掛けをしていくといいでしょう。やさしく声をかけるように心掛け、ずっとそれを繰り返していくと相手の警戒心が薄れていきます。反抗的な態度の理由として、警戒をしているためというのも挙げられます。そのため、警戒する必要はないんだと思わせるようにしていくことが大切です。声掛けを長く繰り返していくにつれて、相手も少しずつ会話をしてくるようになります。この段階に来るまでには時間がかかるかもしれません。しかし時間がかかったとしても声掛けをしてコミュニケーションをすることはとても大切です。相手が持つ警戒心が薄れていけばお互いに会話をしていくことができることでしょう。この段階に来たら積極的に会話をしていくといいです。

反抗的な態度を取る高校生に対してはつい怒ってしまいがちですが、怒っても何もいいことはなく、それどころか状況が一層悪化することの方が多いものです。しかもそうなると関係の修復は困難になります。そのため、何よりもおおらかな気持ちで接することを心がけましょう。



不登校の高校生の接し方



現代では不登校の高校生も多くなってきています。いじめで不登校になった生徒もいますが、単にいじめだけが原因ではありません。単に学校に行くのが面倒という怠惰な生徒もいれば、学校に行くと緊張をしてしまうという生徒もいます。いろんな高校生がおり、その原因というのも1つではないものです。不登校の高校生に対しては、学校や友達などの話は最初の段階ではあまり口にしないようにすることが大切になります。ただ中には学校のことを話しても特に問題がない生徒もいます。そういった場合には学校の話題を避ける必要はありません。学校や友達の話をすることを避ける生徒の場合には、最初はテレビやネットの話題など、相手が関心を持っている話題に関していろいろと話をしてみるといいでしょう。相手の方から積極的に話をしてくるかもしれません。会話をしてくる生徒の場合は会話を繰り返し、コミュニケーションを取っていくことによって人間関係ができていきます。このようなケースは比較的難しいものではありません。

不登校で会話をしたがらない生徒の場合、無理をして最初から会話をしていく必要はありません。ただこちらがちょっとした話題について一方的に話をして、それを相手が聞くというコミュニケーションの方法を最初は採用してもいいでしょう。無理に相手に会話をさせずに、こちらがちょっとした出来事を話して、相手に聞いてもらうことから始めてみるのがおすすめです。その後に相手との距離感が縮んできたら少しずつ会話をしてみるといいでしょう。不登校で会話が苦手な高校生の場合、無理をして会話をさせる必要はありません。このケースでも自然と人間関係を作ることが大切です。


お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

よくある質問

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る