コラム

家庭教師のLNSのトップ > コラム > お子様の学力アップから志望校合格の重責を担う家庭教師

お子様の学力アップから志望校合格の重責を担う家庭教師

家庭教師を雇う理由の再検証



「学校の授業だけでは十分な学力が備わらない」という考えをお持ちの保護者はたくさんいるでしょう。いわゆる教育熱心なご家庭であれば、早い時期から「お受験」を明確に視野に捉え、あるいは授業について行くのが怪しくなって来たタイミングで、保護者として我が子の学習環境を見直すということは重要です。学習塾通い、通信講座の活用など幾つかの選択肢がありますが、やはりマンツーマンの徹底指導が叶う家庭教師をベストと捉える方は増えてきています。

家庭教師とは何を差し置いても「学力アップ」「志望校合格」が絶対条件であり、この最優先課題に直接無関係な、他に我が子が興味を示しそうな雑学や雑談を届けてはならない存在でしたが、最近ではむしろ学力アップ以上に「大切なプラスアルファの学び」が着目されてきています。

果たしてどちらの視点が正しいのか、その判断は勿論、雇い主である保護者の考え1つですが、こうした世間のニーズに関する情報は、当然この重要な学習指導者という役割を務める当事者にも伝わっています。だからこそ今一度原点に立ち返って、「家庭教師とは」という検証作業を進めてみる価値は十分あります。相応の金額を負担しているのに、学習指導が二の次になってしまう展開が、果たして単なる本末転倒なのか、それも中長期的に捉えた際に我が子にとってプラスとなるのか、判断に窮するところだからこそ、しっかり考えなければなりません。



家族内の目的意識の共有を



受験対策に家庭教師を雇うに際し、お子様自らがそうした環境を希望する言葉を保護者に伝えるケースは少ないかもしれません。お子様の将来を見据えた選択であり、当事者であるお子様からすれば、全てが大歓迎の存在とは言い切れません。どれだけ学校の成績が優秀で勉強が大好きな子供であろうとも、1日24時間の中での自由時間は少しでも長いに越したことはないでしょう。現在では保護者の立場であるご両親も、自身の子供自体を思い返す時、誰もが「親に勉強させられている」的な感情を抱かれたご記憶をお持ちの方はいるでしょう。時が流れ今日の立場に立たれ、親心をようやく理解され、今度は自らが我が子に同じ「想い」をリレーバトン的に与える順番が回って来ているのです。

いわゆる有名私立小学校の「お受験」の段階から雇うケースはごく少数派ですが、中学受験に際してとなれば、その確率は大きくアップします。思春期の入口の多感な時期の子供達は、私達が思う以上により多くの情報を有し、まだ幼さが残る不十分な自分達なりの判断能力をフル活用し、歓迎するあるいは拒否する、いずれかの判断を下しています。

お子様に家庭教師をつけてあげたいとの結論に達したのであれば、必ずお子様との話し合いの時間を十分確保する必要があります。勿論全てを正しく理解して貰えないかもしれませんが、大切なのは「親の考えを伝える」姿勢です。家庭教師が一方的に押し付けられた存在と映ってしまった場合、お子様は当然指導者に対して一線を引いてしまいます。「あの先生は勉強を見てくれる専門家の大人の人」との明確な概念を、家族全員で共有する作業から始めることが大切です。



学習指導のプロフェッショナル



最終的に我が子の学習指導をお願いする家庭教師が決まったなら、お子様との「はじめまして」の前に、ご両親の目的や希望を明確に伝え、十分な意思疎通を早い段階でクリアしておきましょう。実際に多くの保護者の方々は、ただ漠然と子供の教育指導を委ねていれば、自然と学力アップから志望校合格に導いてもらえると、ある意味「呑気」に構えておられますが、これは大きな間違いかもしれません。

家庭教師の多くは現役大学生など、いわゆる子育ての経験を持たない、ようやく大人への扉を開いたタイミングの若者達です。皆さんのお子様と同世代のご兄弟がいなければ、こうした世代の子供とのマンツーマンのコミュニケーションは初めての方が多いでしょう。スタート段階で明確に「この偏差値まで学力をアップして欲しい」「確実に志望校に合格すべくカリキュラムを組んで指導して欲しい」など、遠慮なく希望を伝える姿勢が必要です。これが学習指導を請け負う側にとっても基準となり、指導を続ける中で学習効果を、読み違える事なく保護者に報告可能となります。

また家庭教師を雇うメリットとして、勉強以外のプラスアルファすなわち年上の世代とのコミュニケーションをあげる声も聞こえますが、それはあくまで「おまけ」と捉えねばなりません。大好きなお兄さんあるいはお姉さんの訪れを我が子が心待ちにする1番の理由が、勉強ではなく保護者に内緒の雑談タイムとなってしまっては、本末転倒どころか実際には悪影響を運び続けている状況ともなり兼ねません。雇うべき人物はあくまで大切なお子様の学力アップという命題をクリアしてくれる、勉強指導のプロフェッショナルでなければなりません。


お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

よくある質問

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る