コラム

家庭教師のLNSのトップ > コラム > オーダーメイドでカリキュラムを考える家庭教師

オーダーメイドでカリキュラムを考える家庭教師

家庭教師を選ぶメリット


学校の授業だけだと内容の理解が難しいという生徒さんも多いのではないでしょうか。どうしても学校の授業は、時間の問題もあってなかなか細かく説明をすることができない場合があります。しかし受験のこともあるので、きちんと学校で勉強する内容はしっかりと理解しなければなりません。そんな時には指導者に依頼をして学習指導をしてもらうという方法もあります。多くあるのは学習塾と、講師が自宅に来る家庭教師の形式になります。このうち、自宅に家庭教師が来る場合のメリットとはどういったものがあるのでしょうか。
最大のメリットは、生徒個人が理解できるように授業の進行スピードを自在に変更することができるという点です。学習塾の中でも集団指導の場合、1人の生徒が理解できるように授業の進行や説明のスピードを変更することはなかなか難しいものです。その点自宅で講師が指導する場合には、柔軟に対応することができます。
また理解できない部分は詳しく説明をする、内容がすぐわかる部分は早く進行をするといったように、内容によってもスピードを変更していくことが可能です。そのため、どの分野においても確実に理解をしていくように指導することができるでしょう。さらに最近ではオーダーメイドのカリキュラムを組んで、より一層きめ細かい指導ができる家庭教師も登場してきています。そのため受験や資格取得を目指している生徒さんにとっては大きなメリットがあります。
他にも、自宅で講師が指導をするメリットとして、他の生徒と顔を合わせずに自分のペースで学習ができるという点が挙げられます。生徒さんの中には他の生徒がいると集中できないという人もいます。また不登校の生徒さんにとっては他の生徒がいない、また自分にとって最も安心できる自宅で勉強ができるので、集中して学習することができます。このように、自宅で勉強をする方がいいという生徒さんには合っている形態ではないでしょうか。またわざわざよそへ通う必要がないので時間のロスがなく、面倒ではないのでうれしいという生徒さんも少なくありません。

いろんなタイプの家庭教師


自宅に家庭教師が来て学習指導を行ってくれる形式では、自分の理解度などに沿って指導を行ってくれるため、理解ができなければわかるまで時間をかけて丁寧に指導をしてくれます。そのためわからないまま次の内容へ移動するという心配がありません。これはどの家庭教師の場合でも当てはまるものですが、今では家庭教師と言いながらもいろんなタイプがあります。これからこの形式で学習指導を依頼したいという方の場合、生徒さんがどういった形式が合うのか、じっくりと検討していく必要があります。
一般的なものとしては、家庭教師が所属している会社の教材を使用し、それに沿って授業を進めるというものです。わからない部分は時間をかけて指導をしますし、また練習問題があるので、それを行いながら理解の定着を図っていきます。また会社の教材を使用しない場合、学校の教科書と書店の問題集を使用して学習を行っていきます。この場合でも練習問題をしたり、また解説をしながら生徒さんが理解をしていくことができるようにしていきます。こういったタイプが一般的な形式となっています。
最近では単に一般入試を受けるだけではなく、AO入試受ける生徒さんも多くなっています。また資格の取得を目指している人もいます。就職を有利に進めていくために資格の取得を早い段階で行いたいと思っている方が増えている傾向があります。さらに早めに受験までの学習項目を終わらせ、受験のための勉強に時間を費やしたいという方もいることでしょう。こういったさまざまな希望に添った家庭教師も登場してきています。この場合オーダーメイドのカリキュラムを作成して、それに沿って学習指導を行っていきます。ニーズの多様化に伴い、サービス内容も多様化しています。

細かい指導ができるタイプ


家庭教師では色々なタイプがありますが、今最も注目したいのは、生徒さんの細かい希望に応えることができる家庭教師です。通常は学校の授業よりも少し早めに学習指導を行い、夏休みには集中的にこれまでの内容の総復習をしたいというのが一般的ですが、合わせて資格取得のための勉強もしたいと希望している方もいます。このように多様な希望を持っている生徒さんがいますが、こういった希望に対して応えてくれる講師なら指導を安心してお願いすることができるものです。
これからはこういった講師への依頼が増えていくと考えられます。様々な要望に応えてくれる講師がいる会社を選択する際には、何よりもオーダーメイドでカリキュラムを組んでくれるかどうかが重要なポイントです。生徒一人一人に合ったカリキュラムでなければそれぞれの要望に応えることができません。また組んだカリキュラムに沿いながらも、理解が難しい部分は時間をかけて指導をしてくれるなど、柔軟性に優れているかどうかも重視する必要があります。
実際に学習指導を依頼する場合には、体験学習があるところでまずは確認をしてみるといいでしょう。例えば、生徒独自の学習計画を立てることができるが、指導力に問題があるという会社の場合、最も肝心な学習した箇所の理解が十分にできません。これでは依頼をした意味もなくなってしまいます。ですから講師に指導力が十分にあるかどうかを見極めるためにも、体験学習を受けてみてチェックをしていくことが大切です。体験学習を受け付けているところも多くあります。料金の問題も考慮に入れなければなりませんが、同時に指導者のスキルも考慮に入れて選択をすることが重要です。


お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

よくある質問

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る