コラム

家庭教師のLNSのトップ > コラム > 不登校の原因と家庭教師について

不登校の原因と家庭教師について


不登校の原因



日本では小学校、中学校での教育は義務教育となっています。小学校では算数、国語などの学習における基礎を中心に学びます。中学校では小学校の授業を活かして、算数は数学に代わり、歴史も学習過程に含まれます。知識を高めるだけでなく、体育の授業では身体を動かし、技術の授業では創作等を行います。数多くの授業が提供され、多くの子供達は授業を受けますが、小学校や中学校の段階で不登校になってしまうお子様も少なくありません。

不登校とは学校への登校を拒否する行為になります。不登校の原因の一つに学校生活によるトラブルが挙げられます。例えばいじめです。残念ながら日本でもいじめが原因で自殺をしてしまうお子様はいます。ニュースなどで報道される度に悲しい気持ちを抱かれた方もいるでしょう。いじめには様々な行為が含まれますが、現在ではSNSの普及に伴い、直接的ではなく、インターネット上でいじめを受ける子もいます。国や自治体は対策が必要ですが、文部科学省の平成25年度の統計データではいじめが原因で不登校になる生徒は全体の0.5パーセントから2パーセントであると報告されています。意外に少ないと思われている方もいるでしょう。しかし、いじめではなく友人間のトラブルから不登校になってしまう生徒は全体の8パーセントから15パーセントと高く、トラブルの中で一番高いパーセンテージになります。しかし、友人間のトラブルを抱えている生徒の中にはいじめられたと認識するお子様も少なくありません。学校側が認めてないだけで実際はいじめが頻繁に行われていたというケースもあるでしょう。

学校でのトラブルだけでなく、無気力が原因で登校を拒否する生徒は小中学生で25.9パーセント、高校生においては30.1パーセントとされるデータもあります。無気力とは燃え尽き症候群などが原因で物事や取り組みに対しての意欲が低下することです。大人の方でも無気力になる方もいますが、特にお子様の中には受験勉強に忙しく疲れを感じるお子様も珍しくありません。小学校の児童の中には中学受験を控えて勉強しなければならない生徒も少なくないでしょう。また、中学校の児童の多くは高校受験を控え、高校生は進路によって受験が必要です。特に大学受験を控えている高校生は学習量が多く、センター試験を受ける時も5教科以上受験しなければならない生徒は少なくありません。

無気力が原因の児童に対して無理に学校に行かせるように指導をしても復学することは難しいです。まずは精神を安定させて気力を上げましょう。また、学業不振が原因で不登校になる生徒は8パーセントから9パーセントを占めています。学業不振とは学業成績が思うように上がらない、停滞するなどの状況です。特に進学を希望している生徒は学業不振に陥ると不安を抱く生徒は少なくないでしょう。学業不振に陥れば目標の高校や大学を断念せざるを得ないことにも繋がりかねません。学業不振が原因で学校に行かない生徒は一般的に学力を高めて復学させることが求められます。



家庭教師の利用について



このように不登校の原因はあらゆる点が挙げられますが、無気力やいじめはそもそも学業には関わり合いがありません。一方で学業不振で学校の登校を拒否している生徒は学習能力が高め、成績を上げることで復学できる可能性があります。親御さんが直接生徒に教えることもできますが、全ての親が中学生や高校生の学習を教えられるケースは少ないでしょう。学力を高めるために家庭教師の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

家庭教師は全国に数多くあり、自宅に家庭教師を派遣するサービスを行っている企業もあります。家庭教師は学校や塾とは異なり、マンツーマンの授業が実現できます。マンツーマンの授業では分からない箇所などを直接家庭教師の先生に聞くことができるため、分からない問題の解決や苦手克服に一役買ってくれるでしょう。また、学習だけでなく、学校生活における悩みや家庭の事情など家族や友人に話せない内容の会話も家庭教師の先生であれば積極的に行える生徒も存在しています。



家庭教師を派遣する会社を選ぶ



個人間で直接学習を見てあげて欲しいとお願いできる環境がある方は少なく、一般的には家庭教師を派遣する会社にお問い合わせや申し込みをします。プランを豊富に扱い、幅広い学習希望者に対応できる派遣会社が多く、資格取得をする際にも活用できます。

費用に関して心配を抱かれる方が多いですが入会金は無料になる場合があります。また、規定の時期までに事前に伝えれば解約金が発生しないことも多く、その場合費用負担は抑えられるでしょう。教材費用に関してもかからない派遣会社が多くあります。

ホームページでは受講生の声を掲載し、どのようなサービスを受けられるのか、実際に利用した生徒の感想を伺えます。体験受講もできるため、複数の派遣会社で迷われている親御さんは選択する際に参考になります。


お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

よくある質問

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る