コラム

家庭教師のLNSのトップ > コラム > 勉強を教えてくれる家庭教師と塾はどちらがいいのか

勉強を教えてくれる家庭教師と塾はどちらがいいのか


授業だけでは分からない時



学校に行って授業を受けても、進むスピードが速くていつの間にか分からなくなっていたという生徒さんも多いのではないでしょうか。学校の授業は行事などがあると授業がカットされることもあって、短い時間で学習した内容を理解することは難しいものです。そのため自宅学習を行って不足している勉強を補わなければなりません。しかし自分だけで勉強をしていても分からないところがあると、そのままになってしまうものです。分からない部分を両親に聞いたとしても、明確な解答を導き出せなかったり、理解できないといったこともあるものです。こんな時には専門の指導者に学習指導を依頼したほうがはるかに効率的になります。

自分だけでは難しい学習も、他の方法を取り入れていくことで学力を向上させていくことができます。そのための方法として多くの生徒さんが利用しているのが塾や家庭教師、また通信添削です。これらはそれぞれに特徴がありメリットやデメリットがあります。冷静にそれらを知ることによって、自分にとってどの方法が最も向いているのかを的確に判断していくことができます。

まず通信添削ですが、これは問題が送られてきて自分で問題を解くという方法になります。また通信添削をしてもらいながら、分からない部分の説明をしてくれるというものです。横にいながら分からないところを教えてもらうというものではないため、効果は個人によってかなり差があります。あくまで他の学習方法をしながら、さらに違うやり方を取り入れたいという積極的な生徒さんにピッタリな方法です。また、自分で分からないところがどこなのかを理解している生徒さんだとこの方法も有効になります。一般的にこの方法は、本人にやる気があってこそ効果が出るものですが、受験を意識した学習でなく、学校での授業内容をきちんと理解したい生徒さんに向いていると言われています。



塾の特徴



多くの生徒さんが利用しているのが塾です。この学習指導の特徴としては、集団指導や個別指導などを行いながら、学力を向上させていくというものです。以前では一斉指導を行っているところが多かったものです。一斉指導では指導計画に沿ってどんどん授業が進んでいきます。学校よりも先に進むのが特徴で、問題を多く解いていきながら基礎をしっかりと理解していきます。また応用問題にも取り組んでいき、受験を意識した学習を行っていきます。この時に分からないところがあれば講師が解説を行ってくれます。しかしデメリットとして、どんどん授業が進んでいくのである程度の学力がなければ着いていけなくなってしまうという点が挙げられます。こういったデメリットを解消すべく登場したのが個別指導です。個別で学習を進めていき、分からないところがあれば講師が個別に解説をするというものです。これは細やかな指導ができるものですが、ある程度計画に沿って学習を進めていくため、きちんと理解できないまま学習が進んでしまうという注意点があります。

塾では同じ学校の生徒が来ることもあり、不登校の生徒さんにとっては通うのが難しいという点があります。また夜間に学習指導を行うため、帰りが遅くなることもあります。最近では防犯面で危険なこともあるため、保護者が送迎しているケースも多くあります。送迎ができない場合は、夜道を一人で帰宅することになってしまいます。こういった面はデメリットとなるでしょう。そのため人によっては不向きな場合もあります。



家庭教師の特徴



塾とは違って自宅で学習をするのが家庭教師の最大の特徴です。自宅で勉強をするため、他人の目を気にする必要がありません。そのため不登校の生徒さんでも安心して学習をしていくことができるものです。また講師は自分で自宅まで来てくれるため、塾のような送迎の必要がありません。女子生徒の場合、特にメリットを感じるのではないでしょうか。

家庭教師ではテキストに沿って学習を行っていきます。講師がある程度学習計画を立てて授業を進めていきますが、分からない部分は指導をしてくれます。塾では計画に沿って進めていくため、分からない部分があってもそのまま進んでしまうことがありますが、家庭教師の場合は分かるまで丁寧に教えてくれるので、分からないままになることはありません。特に苦手な教科の勉強に時間をかけてじっくり教えてもらうこともできますので、この点は大きなメリットと言えるでしょう。また、理解できない理由が以前の基礎学習を十分に理解していないために起こっていたとしたら、その部分まで戻って学習を行うなど柔軟性を持って対応してくれるので、特に基礎学習がきちんと理解できていない生徒さんには、家庭教師が向いていると言えるでしょう。

家庭教師と塾を比較した料金の違いですが、この点では家庭教師は割高感があるでしょう。しかし、長期にわたって学習指導を行うわけではないので、塾と比べて指導期間が短いケースが多く見られます。受験に向けて自分の弱点を克服して短期間で成績アップを狙うのなら、長いスパンで塾に通うよりも家庭教師の指導法を選択した方が効率的であり、結果的に料金も安くなります。


お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

よくある質問

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る