コラム

家庭教師のLNSのトップ > コラム > 家庭教師という仕事

家庭教師という仕事


家庭教師のススメ



苦手科目の克服、第一志望校の合格、成績全体の底上げ、理由は数あれど学校の外にも勉強の場を求める人は数え切れないほどいます。そんな人たちの心強い味方といえば学習塾や家庭教師です。中でも家庭教師はマンツーマンで徹底した指導を行って貰えることから、根強い人気を誇っています。

家庭教師といえば、大学生のアルバイトという印象が強いですが、教師を派遣している企業の中には、この仕事で生計を立てている人、つまりプロフェッショナルをメイン教師としているところもあります。プロだけに出身大学は言うに及ばず、生徒に対する責任感も並大抵ではありません。生徒の学力や性格を見極め、目標に合わせて時に緩急を織り交ぜながら的確に実力をつけさせていきます。生徒は皆が皆勉強好きというわけではなく、当然勉強が大嫌いな生徒もいます。そういった生徒でも、熟練の教師につくと勉強の面白さに目覚めることがあります。これこそがプロの技であり、アルバイトと一線を画する理由です。アルバイトでも優秀な教師はいますが、やはりプロと比較すると覚悟が違います。

家庭教師を頼むに当たり、頭を悩ますのが価格と依頼先です。知り合いの伝手などで個人的にお願いすることもできますが、やはり、教師の派遣を専門に扱っている企業に頼んだ方が確実といえます。最初にカウンセリングを行って、生徒に最適と思われる教師を派遣するシステムをとっている企業もありますので安心できます。また、明確な料金表示をしているところも多く、申し込みの段階で懐事情に見合ったランクの教師を指名することもできる制度をとっているところもあります。ただ、教師を指名する場合、人気のある教師は枠がいっぱいで要望に応えられないこともありますので、その辺は企業側と十分に検討し納得のいく教師を選んでください。



家庭教師のメリットとデメリット



家庭教師を雇うメリットは、なんと言っても通塾を必要としないことです。最近は未成年を狙った悪質な事件が多く、防犯グッズが役に立たないケースも出てきています。対策として保護者が塾まで送迎する場合もあるようですが、それは親の負担が増えることになり大変です。その点家庭教師は、教師が家まで来てくれるので犯罪に巻き込まれる心配が無く、通塾にかかる時間と費用も削減できます。また、生徒個人の実情に沿ったカリキュラムを組むことができ、指導方法も生徒の性格や最終的な目標に合わせてきめ細かく行ってくれるので成績が伸びる確率が高くなります。

最近は、個人授業を扱う塾もありますが、先に述べた「通う」ことを考えると、やはり家庭教師に軍配が上がります。生徒の個性を認め、その資質を伸ばしてくれる家庭教師ですが、それはあくまでも生徒と教師の相性が良い場合のことで、両者の相性が良くない場合は思うような結果を得ることができない可能性もあります。それどころか、生徒のやる気をそいでしまったり、時には勉強そのものが苦手になることも考えられます。そうなっては元も子もなく、何のためにお金を払っているのか分からなくなってしまいます。しかしながら、そういったケースでも教師を変更するなどの対応を取ってくれますので、合わないと感じたら企業側に相談してみてください。

ネット時代と言われる今、家庭教師の形態も変わってきています。従来通り教師が家庭まで赴くことが多い一方、無料のテレビ電話などのツールを使って遠距離にいる教師が勉強を見るという選択肢も出てきています。確かにこの方法ですと、近くに良い教師がいなくても諦めることなく、自宅で勉強にいそしめます。



家庭教師を始める前に



どんな物事を行うにも適性というものがあります。それは家庭教師にもいえることで、学業が優秀だからといって皆が皆、教師としてうまくやっていけるわけではありません。家庭教師は他人の家の中に入るのですから、一般常識が身についていることは条件として当たり前のことです。できれば誰とでも合わせられる性格が好ましいですが、そうでなくてもある程度人に合わせる術を知っている人の方が、家族からの信頼も得られやすいと思われます。ですから、人見知りの激しい人や自分の意見ばかりを述べる人には難しいかもしれません。

また、辛抱強さも求められます。生徒がなかなか教えたことを理解してくれない、覚えてもすぐに忘れる、予習復習をしないなど、そういった場面ですぐに感情を出してしまう人は、生徒を萎縮させてしまう恐れがあります。教師に向いている人は、たとえ話などを用いながら生徒により理解してもらおうとあれこれと考え、努力を重ねます。それを必死な態度ではなく、さりげなく行うことで生徒も自然と期待に応えようと頑張りを見せます。

家庭教師のアルバイトを希望するならば、手を挙げる前に自分が向いているかどうかを見極めてから始めた方が得策です。始めたはいいけれど向いてないからすぐに止めたでは、関わった全ての人達に迷惑がかかってしまいます。アルバイトといえど仕事は仕事、そこには責任が生じます。教師として生徒を預かる以上は、最後まで全うできるよう、そして本人と家族の期待に応えられるよう、自分の適性を考えてから始めてください。


お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

よくある質問

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る