コラム

家庭教師のLNSのトップ > コラム > 家庭教師を上手く活用して学ぼう

家庭教師を上手く活用して学ぼう


家庭教師を利用することの特徴



家庭教師という言葉は随分前から日本でも聞かれており、実際に利用されたことがあるという方もいらっしゃると思います。利用されたことの無い方でも家庭教師がどのようなものであるかは簡単に想像が付くと思います。

小学生や中・高校生を中心に、講師となる人物が自宅へ出向いて行って、各家庭で勉強を教えることを家庭教師と言います。家庭教師には法で定められた資格などは無く、大学生がアルバイトとして依頼されて勉強を教えるようなケースから、家庭教師のプロとして一定の学力や学歴を有した上で長年に亘って経験や知識を豊富に有した人が指導にあたるなど様々なケースがあります。

そんな家庭教師で学ぶことにはどのような特徴があるのかを見て行きます。まず家庭教師をお願いしようとする目的には、当然ながら学力の向上が一番に挙げられると思います。学力を向上させるには独学や塾へ通うなどの方法もありますが、家庭教師は先に述べた2つの手段の良いとこ取りであると言えます。

独学で学力を上げるのがいかに難しいか、それは言わずとも知れたことです。しかし一番落ち着ける場所である自宅で、自分のペースで勉強をするというのは学力向上の鍵にもなります。一方で塾は勉強のプロがしっかりと学力が身につくまで懇切丁寧に指導をしてくれます。ただし個別指導でなければ授業について行けないといったこともありますし、何より塾へ出向いて行かなければなりません。その両者のメリットを捉えているものが家庭教師になります。

家庭教師は自宅まで直接来てくれるので、子供の送迎をしたり心配をする必要もありません。また確実にマンツーマンでの指導になるので、子供さんのペースに合わせた指導をして貰えることは言うまでもありません。時にはお子さんとの年齢が近い講師だった場合には学習面以外でもお子さんの良き相談相手になってくれることもあります。



家庭教師を選ぶコツ



家庭教師を依頼することが決まったらまずどこの企業を選ぶかが重要になってきます。現在家庭教師を派遣している企業は数多く存在しており、サービス内容も様々なものです。それぞれの企業を比較し、理想とするサービスを行っているところを選びます。

まず講師のスキル面で見ると大学生のアルバイトを採用している企業もあれば、経験や学歴を持たない講師は採用していない企業もあります。また段階的に講師のレベル分けを来ない、ランクを設けて希望するランクで料金が異なるシステムを用意してあるようなところもあります。そして当然ながら各社で料金の面でも差異が見られます。

細かな部分まで見て行くと、体調不良や急用が出来てしまった際の授業の振り替えや追加での授業を受けたい時などでも別料金が発生する、しないなど各企業でサービスが異なっています。

そしていざ家庭教師の派遣をお願いしたい企業が決まれば、その中での講師選びが最も重要になります。どんなにレベルが高く、経験豊富な講師を選んだとしてもお子さんとの相性が合わなければ成績が上がるどころか学習意欲が減退してしまう可能性もあります。講師によって受験対策に強い、苦手分野を伸ばすことが得意など特徴もありますので、情報はしっかりと集めてから決めることも大切です。しかし初めからどの講師がお子さんに合っているのかを見極めるというのは大変難しいものでもあるので、講師の交代にしっかり応じてくれること、そして交代の際に費用が発生しないなども入会時にしっかり確認をしておく必要があります。

無料で体験授業を行っている企業もあるので、正式に契約する前にこのようなサービスを利用してみるのも一つの方法です。



家庭教師の活用方法



殆どの方が先に述べたような学力の向上や中学・高校、そして大学の受験対策を目的として家庭教師を依頼しますが、家庭教師には他にも様々な活用方法があります。その一例として先に述べた学生だけを対象としている企業もありますが、中には社会人に向けた指導を行っているところもあります。社会人になってから大学に入りたいと思った方や、特定の資格を取ろうと思い勉強を始めたものの久々の勉強で学習方法を忘れてしまっていてなかなか効率が上がらない、そういった方を対象に指導を行うことの出来る家庭教師を用意している企業も存在しています。

他にも残念ながらお子さんが不登校となってしまった場合にも家庭教師の力を借りることが出来ます。学校へ行くことが出来ない為に学力が低下してしまわないよう、学校へ復帰出来た時に授業がわからなくならないように家庭教師を派遣して貰って学習指導をして貰うという活用方法もあります。また、継続的に家庭教師を依頼するのではなく、長期休暇中のみなどの期間限定でお子さんの苦手分野を補うことを目的として指導してもらうといった活用の仕方もあります。

このように家庭教師には様々な活用方法がありますので、目的に応じて上手に依頼することをお勧めします。


お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

よくある質問

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る