コラム

家庭教師のLNSのトップ > コラム > 家庭教師選びはいろいろな条件を見てから決めるべき

家庭教師選びはいろいろな条件を見てから決めるべき



家庭教師を依頼する時に必要なものとは



子供の成績を1点でも上げたいと思うのは親なら誰しも考えることで、教育をしっかりと受けさせることができれば、成績を上げることは可能です。子供たちの成績を上げるためには、塾の先生の質や時間単価が関わってくるのは仕方ありません。現在塾や家庭教師というのは学生には必要なものとなってきていて、中には家庭教師を依頼する家庭も増えてきています。学力をアップさせるにはマンツーマンで勉強を教えてもらうことも効果的な方法の一つです。

子供の学力をアップさせるには、必要と思われる学力のレベルに応じた教師に教えてもらうことが重要で、そうすることによって入試に合格する確率をあげることが期待できます。実際にどの教師に子供が教えてもらうかでその質が大きく変わってくることもあります。家庭教師を雇いたいと思ったときには、子供の学力を見極めるとともに、教師の能力についても考慮する必要があります。そう考えると、家庭教師を派遣してくれる業者に相談することは有効な方法であるといえるでしょう。



教材と教師の質



家庭教師は、塾とは違っています。勉強するときに使う教材は、全員が同じ教材を使う塾とは違って、個人の能力に合わせてそれぞれやり方を変えるのが一般的です。教材は学校で使っている教科書などを利用するケースもあれば、別途教材を買ってから教える家庭教師もいます。また、教えてくれる教師の能力によっても大きく変わってくることもあります。教え方に関しては教師に任せる傾向があり、そのため教師の質によって子供の能力が大きく伸びていくかあまり伸びないかなども変わってきます。

家庭教師は何よりもマンツーマンで教えてくれるので、子供との相性が重要になってきます。相性が合って意思の疎通がうまくいくと理解の度合いなども進んでよくわかるようになり、学習を効果的に進めることができるからです。これは重要なことで、相性が悪ければ、子供が勉強をしたがらないということにもつながるので、できるだけ相性のよい教師を選びたいものです。

家庭教師の派遣業者によって、方法は異なりますが、一般的には面接を行って、どういう教師を付けもらいたいか、どういったことを重点的に教えてほしいのかなどの要望を伝えてから業者に依頼して候補の家庭教師を選出してもらい、最終的にはその中で、誰にするかを決めることになります。

最初の1回目の勉強を教えてもらうと大体相性というのがわかります。教師の年齢に関しても、子供の年齢や性格から考えて、お兄さんやお姉さんのような教師のほうが勉強がしやすいのか、親と同じくらいの年齢の教師のほうが勉強がしやすいのかなど、最初は親がある程度教師の選択をしてやることも重要です。勉強が終わった後の子供の様子を見ることによって、親であれば教師との相性がどうなのかをある程度理解できると思います。勉強の教え方に問題があるのか、教師と感覚的に合わないのかなどを見極める必要があり、親が子供とよく話し合って判断しなければいけません。そこで、そのままその先生に教えてもらうのか、違う先生に変えてもらうのかなども決めることができます。

子供が勉強をしない理由が、単に勉強をしたくないというものであれば、成績を上げるためにある程度は子供に我慢をさせなければなりません。家庭教師に来てもらう理由は、勉強を教えてもらって子供の学力を上げ希望する学校へ合格するためです。そのため、どこまで子供の意見を聞くのかということも重要で、子供の意見を何でも聞けばいいというわけではありません。学力が伸びそうな教師を選ぶには、子供だけの意見で決めるのではなく親も一緒に考えてあげることが大切です。親は子供の性格などを考えてから助言し、選ぶことでその過程にあった家庭教師を選ぶことができるのではないでしょうか。



何を基準に家庭教師を選ぶのか



では、教師を決める基準は子供との相性ということになるのでしょうか。相性は重要ですが、相性がいいだけでは、子供の成績が上がるというわけではありません。子供からしたら、家庭教師に来てくれるお兄さんやお姉さんになるわけで、勉強以外の相談にも乗ってくれるかもしれません。しかしそれだけでは、単なる相談人を雇っているだけであり、本来の目的は、あくまでも勉強を教えてもらって成績を伸ばすことなので、何よりも勉強法が子供に合っているのかということが重要です。

教師を選ぶときにも、質においても金額が変わる場合があります。中には大学生や、専属で教師をしているようなプロの人もいます。子供の成績にあわせてどのタイプの教師にきてもらったほうが成績が伸びるのかは、業者と相談してから最終的にどのタイプの家庭教師にするのかを決めるとよいでしょう。親だけでは判断が付かない場合もあります。

誰に見てもらうかは教師をランク分けしている派遣業者もあるので、その場合は親や子供だけで決めるのではなく派遣業者側と相談してから、最終的にどのランクの教師に見てもらうかを決めると良いのではないでしょうか。


お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

よくある質問

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る