コラム

家庭教師のLNSのトップ > コラム > 小中の英語の勉強は家庭教師をつけて偏差値アップ

小中の英語の勉強は家庭教師をつけて偏差値アップ


子供の英語偏差値を上げるために家庭教師をつける



「子供の英語の成績が気になる」「慣れない英語に躓いている」等、子供の英語科目に関する悩みを感じている親御さんの意見は多く見られます。そろそろ家庭教師をつけたいけど、ちゃんと成果が出るのか不安だったり、月謝が気になってなかなか始められなかったりといった悩みが出てきます。

英語学習において家庭教師をつけることには、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。勉強に関する悩みはそれぞれ違い、宿題がはかどらない子から志望校に向け受験勉強をしたい子までさまざまです。家庭教師のメリットは1対1授業なので、個人個人に合わせた指導をしてもらえることです。学校の宿題のサポートや授業の予習復習等、学校の授業に合わせた指導や、志望校受験対策のように将来の夢に向けた指導まで対応可能です。バイリンガル講師を探せば、生きた英会話力を身に着けることもできます。

自宅で授業をするので、家庭学習の習慣づけにも最適です。希望をすれば講師から宿題を出してもらうことも可能です。宿題も子供に合わせたレベル内容で出題してもらうことが大切です。具体的なレベル別の宿題は、英語に不慣れな子の場合、最初はひたすら単語練習をする方法で行います。思考を使わず単純な作業に思えますが、達成感があるため苦手意識の克服が見込めるからです。そして英語に慣れてきた子や、もともと得意な子には、応用力のある問題にチャレンジさせます。

このようにレベルに応じた宿題に取り組めるのは、1対1の家庭教師ならではのメリットです。最近ではパソコンのインターネット通信を使った家庭教師も、注目を集めています。パソコンを通して授業をすることになりますが、タイムリーにやり取り可能です。希望の先生と自宅が遠距離の方や、不登校生等の学習に最適で、交通費代がかからない等のメリットもあります。



小学生も英語学習が必要!家庭教師で楽しく始めよう



「小学生の場合はいつから英語学習を始めるべきか?」と疑問に感じている方は多くいます。中学生に進学した子供たちの意見には「早いうちから英語の勉強をしておけば良かった」等が多くあります。その理由は、慣れない英語の授業は進度が思った以上に速いからです。単語や文法を覚えられぬまま、授業が進行してしまいついていけないことが原因で、苦手意識につながってしまいます。

英語の発音方法は、ローマ字読みと異なり混乱しやすいです。発音ができず、困難に感じるケースもあります。勉強は分からなくなってしまうと、やる気がなくなりやすくなります。勉強から離れてしまうと、さらに分からなくなり、勉強嫌いが進行しかねません。しかし事前に勉強をすることで学校の授業が分かりやすくなります。一方で勉強は分かると楽しくなるので、さらに勉強をしようとヤル気が起こりやすくなります。

まず「分かる」を大切に、楽しいと思えるよう勉強を取り組ませてみましょう。そして早いうちから少しでも準備をしておけば、中学進学時にもスムーズについていくことができます。小学生の英語は家庭教師をつけることで、自宅ではなかなか教えられない英語学習をプロから学ぶことが可能です。



家庭教師をつければ中学英語の偏差値アップも望める



小学校でも英語の授業がありますが、本格的には中学生になってから始めます。入学して間もなくアルファベットの大文字や小文字を習い、そしてapple等簡単な単語を発音したり、書けるようになったりする学習をします。簡単な自己紹介やあいさつ等が1学期の定期テストで出題されるため、初めのうちは高得点を取りやすいです。しかし2学期になると、急に文法要素のある内容を取り扱うため分からなくなってしまう子供が増えてきます。

家庭教師をつけることで、苦手箇所の克服が望めます。例えば文法が苦手なのか、単語が苦手なのか、自分自身では分かりにくい苦手な部分を、講師に教えてもらうことができるからです。そのため偏差値を10UPさせた家庭教師もいます。文法が苦手であれば基礎の形を覚え、同じ文法問題を繰り返し行うと良いでしょう。また単語が分からない場合も同様で、まずは暗記をすることが大切です。暗記項目は骨が折れやすいという場合は、家庭教師の講師にテストをおこなってもらえば、モチベーションやペースを維持しやすくなります。

また定期試験対策として、英語が苦手な子供は、早めに単語の暗記を行うと良いでしょう。テストでは単語の日英訳だけで点数をとることができるからです。中学校で習う英語は、時制や助動詞等、高校英語の基礎となる内容です。高校進学受験や今後の英語学習のことも踏まえても、中学レベルだからといって軽視できません。定期テストを軸に日ごろからコツコツ学習することが大切です。家庭教師なら1対1の授業になるため、子供の性格や勉強の取り組み方にも着目して勉強を教えてもらうことが可能です。週1日のように定期的に子供を見てもらうことで、日々の学習リズムも整いやすくなります。


お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

よくある質問

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る