コラム

家庭教師のLNSのトップ > コラム > 年々上がり続ける子供の教育費の対策方法

年々上がり続ける子供の教育費の対策方法

どれくらい必要?子供の教育費



家計のうち大きな割合を占めているのが子供の教育費です。出費は抑えたいけど子供の将来のことを考えると、なかなか削ることができません。実際に子供の教育費はどれくらいかかるものなのでしょうか。一般的に幼稚園から大学まで通うのに約1000万円かかると言われています。すべて公立の場合はそれより少しは抑えられることもありますが、すべて私立の場合だとその倍以上かかってしまうこともあります。ただし現時点で貯蓄が1000万円以上ないと子供は大学まで行くことができないのかというと、そうではありません。子供の授業料や給食費、毎月の習い事・学習の費用など約20年間の出費を集計すると約1000万円になるのです。

すべて公立の学校へ通うことで、ある程度抑えることができますが、上限なくかけてしまうのが習い事や学習の費用です。公立でも私立でも進学先が決まれば学費がそれ以上増えることはありませんが、習い事・学習の費用は上限がなく、かければかけるだけ上がっていきます。場合によっては習い事・学習の費用が年間の学費よりも高くなってしまうこともあります。将来の可能性のためにかけたくなってしまう習い事・学習の費用ですが、そちらに熱を入れすぎてしまい、いざ進学という際に希望の進路先に進むための学費を捻出することが苦しくなってしまうことにもなり兼ねません。本当に必要なものだけを選ぶことも必要です。

教育費のうちの半分以上は大学に通う際にかかる費用です。自宅から通えない場合は学費に加えて生活費もかかります。奨学金を借りる方法もありますが、奨学金は社会人になってから子供が抱える借金です。最近では、奨学金の返済ができない人が増えているという現実もあり問題になっています。各家庭の考え方にもよりますが、大学進学を機に子供と一緒に大学費用について真剣に相談することも大切です。それによってお金の使い方について学ぶ機会にもなり、進学後の姿勢もかなり変わります。



年々上がり続ける教育費、抑える方法は?



年々上がり続けている教育費を抑える方法をご紹介します。まずは習い事について考えてみます。親の気持ちとしては子供の無限の可能性を信じて様々なことに挑戦させたいと思ってしまいます。しかし、かけ始めたらきりがなくなってしまうのが習い事の費用です。また、いくつも習い事をさせることによって小さい頃からストレスを溜めてしまうのはよくありません。各家庭によって考え方が異なりますが、無理に通わせるのではなく、自らやりたいという意欲があるものだけに絞ることも必要となります。長く続けることができますし、結果的にそれが自信に繋がります。子供のストレスを溜めながら月々の高額な費用を払うのは勿体ないことです。

次に学習方法についてです。様々な方法がありますが、その中で自分に合った方法を見つける必要があります。オススメは家庭教師です。一対一なので自分の要望が伝えやすく、目指しているところに合わせて指導してくれるので無駄なく学習することができます。移動時間も節約することが可能です。最近では講師や時間を選択できるところもあるので、その場合は費用を抑えることができます。

最後に教育費の半分以上を占める大学の費用ですが、この費用を抑える一番の方法は国立大学に進学し、可能ならば自宅通学することも一つの方法です。これは高校生になってから話すのでは遅く、小学校の頃から少しずつ話しておくことが重要です。そうすることで将来について考える機会にもなり、大学へ進学するまでの学習する姿勢が変わります。授業料が免除になる特待生を目指す方法もあります。かなりの狭き門ですが、大学費用を大幅に節約できます。また、もし特待生になれなかったとしても目指すことで学力はアップするので無駄にはなりません。



教育費を貯めるコツ



教育費を抑えることと同時に考えたいのが貯めることです。学資保険をかけている方は多いと思いますが、それだけでは足りない現実があります。そこで、教育資金を貯めるコツを紹介します。

まず初めに貯める教育費用の目標金額を決めます。親の希望を含めた見通しを立てながら、その大学へ通うためにはどれくらいの費用がかかるかを調べます。親の希望通りにならなくても、目標金額が溜まっていればどのような場合でも対応できます。また、ただ漠然と貯めることを考えるよりも、目標金額を決めていた方が意識が高くなるので貯まりやすいです。

次に貯めた教育費を使う時期を決めます。大学へ進学してからの費用は高校までとは比べものになりません。高校までは毎月の収入から負担することとし、貯めた教育費は子供が大学へ通う時期に使うことをおすすめします。金銭的に苦しくなる時期の見通しを立てて使う時期を決めておけば、将来のお金に対する不安も軽減できます。設定した目標金額を貯める期間を決めることも重要です。適切な期間は子供が生まれてからの10年間です。理由は、中学・高校の時期になると学校外活動での出費が増え貯蓄が難しくなるのに対し、10歳までは比較的お金がかからず貯めやすいからです。また、10歳までに目標額に届かなかった場合でも、大学進学までの期間がまだあるので慌てなくても済みます。

最後に貯める方法を調べて決めることです。教育費用を貯める方法は学資保険や定期預金、国債、投資など色々なものがあります。それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合った方法を調べることが大切です。教育費を貯めるコツをご紹介しましたが、特に重要なのは貯めることを意識するために目標金額と貯める期間を決めることです。貯める意識をもって努力した人とあまり考えず努力しなかった人とでは貯まる金額に大きな差が出てしまうこともあります。


お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

よくある質問

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る