コラム

家庭教師のLNSのトップ > コラム > 指定校推薦には定期試験が大きく影響することを理解しよう

指定校推薦には定期試験が大きく影響することを理解しよう




入試の種類を理解しておくことが大切



受験には様々な方法があり、最近は特に受験方法が多様化しているので、どこを受験するのかということと、その受験方法はどのようにするのかなど、しっかり決定しておくことが求められます。AO入試、指定校推薦、公募推薦などの種類がありますので、まずはこの試験の種類についてしっかり理解しておくことが重要です。

まずAO入試とは大学入試において多くなっている試験方法で、大学が求める学生像と受験する学生の人物像が合致するかどうかによって合格、不合格が決まるというものです。高校の推薦を必要としないという学校が多いので、自分がその学校に行きたいという意思があれば、誰でも受験できる方法です。特に、私立大学を中心にこの方法が多くとられていますが、国立大学でもAO入試を実施するという所もあります。一般的に書類選考、面接、小論文などが行われます。

次に、大学に進学する際によく聞くのが指定校推薦という試験方法です。大学が指定した特定の高校のみを対象として行う推薦入試で、特に私立大学に進学を考えている学生にとって、指定校がとれるということは非常に受験が楽に進みます。高校ごとに推薦枠があり、高校の学業成績、定期試験の結果また部活動の状態や課外活動の実績などをもとに校内選抜があり、最終的に学校長推薦という状態で試験を受けることになります。高校からの推薦があれば大学より課せられる推薦入試の合格率はほぼ100%ということなので、校内で選抜されることが重要なポイントです。

最後に公募推薦とは本人に対し高校から推薦があり、なおかつ、大学が求める出願条件を満たしていることで、誰でも受ける事のできる入試です。指定校推薦とは違い、必ず合格できるという保証はありません。出願してから大学で出される試験でいい成績を収めなければ不合格となる事もあります。指定校よりも不安定な入試といえます。



評定平均値をあげることが重要



学生にとって指定校で受験できるということは非常に安定した試験を受けることができるということになり、指定校を受ける事が出来れば、一般入試よりもずっと楽に入試できるので、指定校を受けることを狙う学生は非常に多いです。できれば入試は楽にしておきたいというのは、お子さんも保護者も同じです。

大学入試制度は様々なものがありますが、その中でも指定校の推薦を受ける事が出来れば、他の入試と比較して試験当日の試験も少なく、早く合格が決まるので学生にとっては非常に楽なことになるのです。しかしまずは推薦してもらうことが必要となります。この推薦を貰うためには、学業も部活も課外活動なども模範となるべき態度と成績が必要になります。指定校の推薦による入試をしたいという場合には、高校1年から気を抜くことができません。高校1年から3年までの各教科の評定平均値が最も大切になります。評定平均値は5段階評価で最低4、出来れば5近くを持っていることが重要で、この評価で高い評価を得ることができれば、より指定校に近くなると考えられます。

この評定平均値を一定の高さで保っておくために必要となるのが、定期試験の結果です。定期試験の点数を常にあげて平均していい状態にしておくことが必要ですし、提出物なども遅れなく、もれなく、しっかり出すことが必要です。それに加えて部活をしっかり行っていることも指定校推薦を受けるためには重要です。これは部活で成績を残すことが出来ればよりいいと思いますが、成績を残せず高校生活の中で3年間ずっと補欠であったという場合でも部活を頑張ってきたということが評価される可能性があります。



高校1年から始まっている大学受験



指定校推薦の場合、高校によって大学の推薦枠があるかどうかという違いもありますし、高校によって推薦枠のある大学に違いがありますので、行きたい大学、進路などが決定している場合、その大学の指定校となっている高校をさがすことも重要です。

この大学に行きたいという気持ちを持っていて高校を受験したが、いざ受験という時になってその高校には行きたい大学の指定校推薦枠がないことや就職等に有利になる学部がある大学の指定校の枠がないことに気が付くのでは遅すぎます。後から悔やんでも遅いのです。目指す大学に指定校の枠がある高校に行けば、成績、部活動、課外活動などを頑張り、気を抜く事無く定期試験に挑み、いい成績を維持することで一般入試では倍率が高くなる大学に推薦枠で行くことができる可能性が高くなります。しかし指定校の枠が元々ない高校に行ってしまえば、AO入試のほか、公募推薦や最悪一般入試で行くしかありません。これは受験生にとって非常に厳しい道となりますので、高校を選ぶ段階で、指定校の枠があるのかどうか、その大学はどこなのか知っておく必要があるのです。

高校受験となると親御さんが関わらないという家庭もありますが、お子さんはこうしたことを知らずにネームバリューなどから高校を選んでしまうこともあります。進学校でも目指す大学の指定校枠がないということもありますので、必ず確認し、本人が思い描いている進路により近い状態になる様、高校受験から考えておくことが大切です。


お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

よくある質問

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る