コラム

家庭教師のLNSのトップ > コラム > 指導に重要なコミュニケーション力の高い家庭教師とは

指導に重要なコミュニケーション力の高い家庭教師とは


コミュニケーション力の高い家庭教師からの指導



高校受験、大学受験、お子さんたちのこうした受験への試練が始まると保護者がサポートできるのは、塾、家庭教師を利用する等、お子さんにあった指導方法を選ぶという事になります。誰に教えてもらっても同じという事はありません。お子さんにあった指導方法を選択することでやる気のないお子さんのモチベーションが上がり、志望していた高校、大学よりもさらに上を狙えたなどの経験をお持ちの先輩保護者の皆さんもいるのですから、指導の選択は重要です。

現代、家庭教師が注目されているのはなぜか?それはお子さんの性格や学習進度に合わせた指導ができるという事もありますが、塾に行くという労力を減らす事が出来るという点、さらに自宅という一番リラックスできる空間で勉強できるというメリットがあるからということも理由の一つです。

いかせたい塾が遠いとなれば、お子さんは電車を乗り継ぎながら長い時間をかけて塾に通う事が必要となります。特に女の子をお持ちの保護者は夜遅く一人で行動させるわけにいかないと受験までずっと塾の送り迎えをするという保護者も少なくありません。塾に行くために夜外出することで夜の街で遊ぶことを覚えて、塾に行くといって全くいかず、結果、受験どころではなくなってしまったという事もあります。勿論現代の多くの塾が、こうしたことのないように保護者との連絡を密に行う等対応策を練っています。しかしやはり夜遅い時間に外出させるという事に不安を感じる保護者も少なくないでしょう。

家庭教師は何よりお子さんと1対1の指導となりますので、お子さんの性格を理解しながら指導できるというメリットがあります。プロの指導者はお子さんの性格をしっかりと把握し、非常に高いコミュニケーション力でお子さんの心を惹きつける指導をしてくれるのです。



コミュニケーション力があるだけではなく指導力があるかも大切



家庭教師の目的はお子さんが志望校に入学できるように指導によって導くという事、また日頃の成績をできる限りアップさせるという事、こうした現実的な目的をもって指導しています。集団指導塾とはまた違いお子さんそれぞれの性格を理解しながら指導してくれるので、お子さんは最初緊張していてもプロの指導者の高いコミュニケーション力で次第に心を落ち着かせ、しっかり学習できるようになります。

指導するお子さんの年代にもよりますが、勉強が嫌いという事はないのに、他の事に興味がいってしまい、能力が格段に下がってしまったという子もいます。思春期の年代はコミュニケーションをとる事がなかなか難しいのですが、プロ家庭教師はこうした思春期年代のお子さんたちへの指導を何度も何年も続けてきています。保護者の方には決して言わなかった自分の進路について家庭教師の先生には打ち明けたという話も聞きます。

勉強が好きではない、苦手科目があるから嫌いになってしまったというお子さんも少なくありません。しかしこの場合も、苦手科目の克服、勉強に興味を持たせるために何が必要なのかなどをしっかり考えてお子さんにあった指導をしてくれるプロなら安心です。少しずつ力を付けていくと、次第に自分からわからないことを聞いてくれるようになっていきます。保護者の方にとっては、有名大学に現役で通っている学生、お子さんと年齢が近い学生の方がコミュニケーションをとれるのではないかと感じるかもしれません。確かにコミュニケーション力を持った学生アルバイトもいますが、コミュニケーションがとれればいいという事ではなく、その中で先生という立場で指導できるかどうかという事が大切なのです。



生徒を理解しながら進めるメリハリある学習



これから学習指導を受けるお子さんはどんな性格でしょうか。明るく賑やかでなんにでも興味を持つタイプ、大人しく優しい、あまり積極的に人と話が出来ないタイプ、はじめてあった人が苦手で慣れてくれば明るく活発に話ができるタイプ、お子さんはそれぞれ持っている性格があり、また年齢によっても考え方などが違います。

集団指導を行う学習塾では志望校に対してのノウハウもあり、カリキュラムもしっかりしており、また有名大学や高校の情報も網羅していますので、保護者としては安心感があるかもしれません。そういった集団指導の塾でぐんぐん成績を伸ばしていくお子さんもいます。積極的に集団の中でも質問が出来て、ライバルがいればそのライバルに負けないように頑張ろうと思えるお子さんです。でも自分に自信がない、集団が苦手、ライバルに勝とうという前向きな気持ちを持てないお子さんもいます。こうしたお子さんは実力があっても質問したいことが質問できず、講師や同じ塾に通う生徒とも積極的に接する事ができず委縮し、成績を落としてしまうという事もあります。

家庭教師のいいところはどんな性格のお子さん、どんな学習進度のお子さんでも、お子さんの事を把握しながらうまく成績が伸びていくようにきめ細かい指導ができるという点です。初対面が苦手という子には無理せず、自信がある科目から始めていき、次第にお話ができるようになってから苦手科目の克服に入るなど、指導にメリハリを付けます。指導するということはそのお子さんの持っている魅力を引き出すという事にもつながります。消極的なお子さんほど、自分に少しでも自信を持つことができれば成績が急に上がっていくこともあります。経験と実績からお子さんの能力を引き出す方法を知っているのがプロの家庭教師です。


お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

よくある質問

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る