コラム

家庭教師のLNSのトップ > コラム > 接し方も迷う中学生の不登校

接し方も迷う中学生の不登校


中学校での不登校ということ



学校に行きたくない、そう思うことは、だれにでもあることです。何も珍しいことではなく、だれにでも経験があることでしょう。それが本当に学校に行けなくなってしまうと、不登校というかたちになっていきます。現在では、一般的に起きる問題として認知されるようになりました。中学生あたりでも起きることがある問題で、将来ということを考えても、大きな影響を与えていくことになります。

中学生にもなっていくと、不登校の原因として多くなるのは人間関係です。学校自体が嫌いというのではなく、教師との意思疎通ができなかったり、友達とうまくいかなかったりすることがきっかけになってくるでしょう。さらに部活なども盛んになることから、上下関係で悩むといったことも出てきます。大人の社会でも考えられることですが、こうした人との関係ということが大きな引き金になってきてしまう時期です。

通常で考えても、人間関係は必ず出てきます。当然のことですが、不信感がエスカレートしすぎてしまえば、対人関係を避けるといったことも出てくるでしょう。だんだんと学校にも行きたくなくなり、空間も避けたくなっていってしまいます。外にも一歩も出ないといったことも、だれかに接することで人間関係が発生することがないようにするためです。こうした接点を失ってしまうからこそ、接し方も難しくなっていきます。しかし、このままでは、将来に大きな問題を抱えることになるのは明白です。



社会との接点を残すため



どうしても、社会との接点がなくなるというのは問題です。未来ということを考えた場合、復帰することができなくなってしまうということが考えられます。家庭教師を使っていくということは、この接点をつくるということになるでしょう。家庭内ではだれとも会話をしないとしても、立場が異なる家庭教師であれば話をしてくれるということも出てきます。接し方がわからないようなときでも、家庭教師がいることによってワンクッション置くことができるようになるでしょう。これが社会の接点することができます。

塾では自分で出かけていかなければなりませんが、自宅に居ながら接することができるというのも大きいところです。自分のテリトリーに来てくれるというだけでも、対人的な部分を下げることができます。マイペースでも、人間関係を構築しなおしていくことができるのは、大きなメリットになるでしょう。実際に人間として解決していくことができるのですから、大きな差となって表れます。

接点を持つことができれば、それだけ自信を持って生活することができるようになります。これが重要なことであり、やがてやってくる瞬間をつくっていくためにも、自分自身に自信をつけていかなければいけません。それができるのは、家庭教師という立場であるといえるでしょう。



将来ということを考えた接し方



実際に中学校で不登校になると、接し方だけではなく、その後のことも考えていかなければいけません。早期に解決しなければいけない問題であることは間違いありませんが、学校に行かないということ自体が、社会人になってからの問題の引き金にもなっていくからです。

思春期に差し掛かるときへの対応は難しく、親ではない第三者の意見も取り入れながら誰かに寄り添ってもらうことも大切になってきます。

学校で学んでいないということは、その分だけ学力が低下していきます。だんだんとレベルも差がつくようになっていき、結果として復帰の妨げになっていくことでしょう。せっかく精神的に立ち直れたとしても、その時には手遅れになってしまい、再び不登校に陥ってしまうことも出てきます。学力の差に戸惑うということは、大人が思っているよりも子供たちの心にのしかかってくることだからです。中学生ともなると、簡単には取り返せないことも出てくることが、劣等感につながってしまうことも出てきます。繊細な時期でもあることから、こうしたストレスが発生しないようにケアしていくことも接し方として考えていかなければいけません。

家庭教師をサポートにしていくということは、こうした部分のケアにも役立てることができます。親ではない誰かの言葉によって自信を持たせるということは、総合的な面でサポートしながら復帰できる下準備をしていくことになるでしょう。不登校になっていても、自分の将来には悩んでいるものです。不安と恐怖の中で日々戦っているということを考えてあげなければいけないでしょう。不登校の状態は、なにもきっかけがなしで解決することはありません。時間がたっても何かが変化してくるわけではなく、何かのきっかけをつくってあげることが重要です。臆病になっているところもあるのですから、ともに一歩を踏み出してあげられるようにしていくことが必要でしょう。そのための力になってあげることができるのは、家庭教師という立場であって、それだけ身近にいてあげながら、家族とも教師とも違うスタンスを持っているからです。


お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

よくある質問

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る