コラム

家庭教師のLNSのトップ > コラム > 狭き門となっている公務員試験になるための対策とは

狭き門となっている公務員試験になるための対策とは


公務員人気が高まる中で公務員試験にどう対策を立てるべきか


バブル期、どこに就職したいかと聞くと多くの学生が証券会社、銀行などの民間企業を選択していました。当時は民間企業の羽振りがよく普段のお給料もよかったですし、ボーナスもしっかり夏と冬に出ていましたし、民間企業の方が魅力ある就職先と考える学生が多かったのです。特に、有名私立大学等卒業予定という学生は多くが一流の民間企業への就職を希望する事が多く、公務員などには目もくれない学生が多かったのです。しかし現代はどうか?というと、公務員人気が高まっています。一旦4年制大学に入学し卒業を迎え就活を行った、しかし公務員試験にことごとく失敗、その為、専門学校に再入学し、公務員に特化した教育を受け直すという学生も多くなっています。

高校、大学年代で就職は公務員と定めて公務員試験への対策を練り、塾、家庭教師などを付けて公務員になるための学習に力を入れているという学生も多いですし、家庭教師の中でも、公務員試験やそのほかの資格取得のために利用できるカリキュラムを組んでくれる、またそういったシステムをもっているという所が増加傾向にあります。通常の就職とは違い、公務員への就職は公務員試験に対する対策が必要で、また科目数が多いという特徴があります。論文はもちろんのこと、教養、専門的分野など科目数は20科目にも及ぶのです。論文では一般常識を備え高い文章能力が求められますし、継続的に時事、政治経済情報などに精通していることも求められます。

日頃から社会に対して高い興味を持ち、その社会で起きている問題を深く考える能力も必要となっていますので、その為には幅広く、時に深い知識が必要です。こうした非常に特殊な試験となる公務員の試験については、やはり専門的ノウハウを持っている家庭教師などが理想的な指導方法となるでしょう。



苦手科目の克服こそ公務員試験に必須なこと


家庭教師が公務員志望の生徒さんのところに派遣され、実際に生徒さんと向き合って現在の学習進度、持っている能力などを確認すると、やはり教養試験段階のつまずきがみられる生徒さんが多く、その為に徹底した苦手科目の克服が必要となります。苦手科目というのはどうしても自ら勉強する気になりません。勉強していてどんどん問題が解けていくと勉強する事が楽しく、もっと上のレベルに行きたい、もっと問題を解いてみたいという気持ちになります。しかし学習している途中で、わからない、解けないということが多くなると、だんだんとやる気が落ちてきて、取り掛かるのもいやという状態になってしまう方も少なくありません。

こうした場合、家庭教師を付けてわからなくなった部分から徹底的に学習するという選択をされる方も多いです。家庭教師なら塾のように他の生徒の学習進度に合わせるという事はなく、自分の学習進度に合わせてカリキュラムを組んでくれます。ほかの生徒はここまで進んでいる、理解しているけれど、自分はそこまで到達していないという時、家庭教師のきめ細かな指導が役立ちます。

苦手な科目も勉強していく過程で「わかった!!」と理解できる時が必ず来ます。この理解の積み重ねで苦手科目は好きな科目に変わっていくのです。しかしそうなるためには、苦手科目でも取り掛かりやすい部分から少しずつ理解させていくという指導が必要で、そこに個別のカリキュラムを組める家庭教師の力が生きてきます。プロの指導を受けた生徒の中には「どうしてこんなことがわからなかったんだろう?」と感じるほど、苦手科目に興味を持ちもっと勉強したいと願う生徒も多くなるのです。



公務員試験に特化した指導経験が豊かな家庭教師


公務員試験の難しいところ、それは試験の区分によって違いがありますが、教養試験と専門試験が課されるという事が非常に多いという点です。教養試験では非常に幅広い分野から出題されるため、大学受験よりもずっと幅広い学習が必要となりますし、応用力も必要です。

人文、社会、数的処理、さらに社会学等、分野が違う学習をより深く自分のものにしておく必要がありますし、こうしたすべての分野をまんべんなくバランスよく学習することが重要となります。また区分によって試験がかなりの問題数になる事もありますので、性格にスピーディに設問をといていくという事も必須で、こうした能力を付けるためには、公務員試験についてしっかりと対策を練る事の出来る、経験と実績の高い指導が求められます。公務員試験に特化した指導ができる指導者が多くなっており、家庭教師は公務員の試験について、現在どのような出題傾向にあるのか、また指導する生徒さんに対し、徹底的に指導しなければならない部分はどこなのかをカリキュラムに組み込み指導してくれるところに魅力があります。

受験対策だけを行う家庭教師派遣もありますが、近年、経済的に不安定という時代が続き、将来公務員を目指しているとか、将来こういう資格を取得しこういう商業に就きたいと明確な目的を持っている学生も多くなり、家庭教師の指導も資格試験、就職に対応した対策を指導するところが多くなっているのです。但し公務員の試験などに実績や経験がないという所も多いので、公務員試験などに特化した指導に対して実績のあるところを選択する事が重要です。


お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

よくある質問

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る