コラム

家庭教師のLNSのトップ > コラム > 資格が必要のない家庭教師と求められる経験

資格が必要のない家庭教師と求められる経験


家庭教師に資格は必要なのか



学生をはじめ、家庭教師をやってみたいと思っている人も多くいらっしゃることでしょう。実際に家庭教師として活躍している人に直接依頼するということもあるはずです。ピッタリの人を見つけることができれば、子供たちの学力向上には大きな影響を与えてくれる存在なのは間違いありません。ですが、いったいどんな教師を見つければいいのかということも考えていくべきでしょう。ただ有名なところに在籍しているからというだけでは、成功はしません。

家庭教師という存在を考えるうえで基準としたくなるのは、何か資格を有しているのかということもあるでしょう。家庭教師をするうえで、資格はなにも必要がありません。中学校の先生であれば、中学校の教師の資格が必要です。ですが、何の資格も必要はないのは、塾の講師などと同じと言っていいでしょう。なぜかといえば、必要なことは子供たちの成績向上にあるからです。単に学校の成績だけではなく、勉強に対してやる気が出るようにサポートしたり、ほんの少しのきっかけを与えたりすることも重要な仕事といえます。もちろん、教師の資格を持っていることはマイナスではありませんが、勉強を教えるということだけが仕事ではないということです。

よく家庭教師で、もっとも必要な力は常識であるといわれます。常識のない人は務まりません。どんなに学力があっても、どんなに難しい国家資格を持っていても同じです。もちろん、学力を持っていて一般常識もあることはプラスでしょう。ですが、自分ができるということと、教えるということは決してイコールではありません。これが、家庭教師を選ぶとしても重要なポイントになってきます。



教えるということに終始するのは3流



よく家庭教師のサイトを見ると、学歴や資格ばかり書かれていることがあります。素晴らしい学歴を持っていることはわかりますが、どんな人柄なのかはさっぱりわかりません。これだけで、素晴らしい人なのかと言えば、それはわかるわけがないでしょう。難関校を卒業したことは素晴らしいことです。ですが、それはその人の能力であって、それが教えられるかどうかは別問題でしょう。だからこそ、知識や学力が家庭教師の質を決める要因とはなりません。それどころか、世間知らずで無礼な人が来るかもしれないでしょう。一般常識が必要であるということは、こうした理由からと言えます。

これもよく言われることとして、教えるということを考える家庭教師はレベルが低いとされますが、これにも理由があります。教えるということは、考えるというプロセスを奪うことだからです。自分で考えて答えを出すことができるように、論理を理解できるようにするのが仕事です。全て教えてしまえば、勉強することができるようにはなりません。

家庭教師に求められる能力としては、モチベーションの管理が重要です。やる気になることができれば、自分で学ぶことができるようになるでしょう。あとはそれを管理してあげることが重要です。教えるのではなく、学ぶ力を目覚めさせ、その力を発揮させることが重要なのですから、教育の資格があったとしても、家庭教師にはそこまで役に立つというわけではありません。



きっかけを与える経験が重要な意味を持つ



家庭教師で大事な資格とは何かといえば、それは経験でしょう。どれぐらいの経験があるかということも重要です。それだけ場数を重ねていることは、間違いのない能力といえます。ですが、これだけではありません。

例えば、自分が勉強が嫌いだった経験があるという人は、大きな強みになっていくでしょう。なぜかといえば、苦手だったものを克服しようとしたからです。その時の方法や考え方といった経験は、圧倒的な力となるでしょう。子供たちにとっても、その経験は励みになることは間違いありません。自分ができないと思っている子供たちにとって、これほど間違いのない見本が目の前にいるのですから当然でしょう。勉強に自信があるよりも、失敗して頑張ってきた人たちのほうが、よほど説得力を持っていたりすることもあります。だからこそ、これも経験のなせる業であるといえるでしょう。

現在の子供たちを取り巻く状況は、昔とは全く異なります。時代はどんどん進化していくのですから当たり前です。多くの情報に囲まれ、勉強ひとつをとっても調べればわかる時代となりました。その中で、家庭教師の存在が重要になってくるのは、モチベーションを上げることでしょう。やる気になることができれば、いくらでも情報があふれているからです。ほんの少しのきっかけを与え、アクティブに行動ができるようになれば、大きな武器となることは間違いありません。

子供たちが勉強できないと思うのは、親のエゴのひとつです。勉強ができないのではなく、そのきっかけが分からないということにも気が付くべきでしょう。やる気になることができれば、大きな力を発揮するのが子供たちです。そのために、ほんの少しのきっかけを与えてあげればいいのではないでしょうか。


お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

よくある質問

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る