コラム

家庭教師のLNSのトップ > コラム > 首都圏近郊の人気の大学をピックアップ

首都圏近郊の人気の大学をピックアップ

大企業の就職率が高くて人気のキャンパス



東証一部上場企業への就職率が半数を超え、全国1位の実績がある一橋大学ですが、主な就職先は大手金融企業や大手総合商社、日本を代表するメーカー企業などです。官公庁や病院、学校などの公共性の高い団体は含まず、すべて一般企業でこの就職実績の結果を出せるのは、日本で一番古い官立商科大だったからであり、設立の段階で産業界をリードする人材を育成する目的に由来します。文系希望者で大企業の就職を目指す学生には人気ですが、国公立大の中でも難易度は最難関レベルです。センター試験の得点率、2次試験の偏差値共に非常に高く、狭き門です。

教育面では少人数教育を重視し、教員との距離が近いのが特徴です。学力だけでなく、人間的な教育まで行っており、企業人として優れた人材を生み出しています。また、首都圏私立大の最上位にランクする慶應義塾大学の就職率は半数近く、私大では高い数字です。早稲田大学と並んで首都圏では圧倒的な知名度、実績があり、近年は早稲田大学よりやや高い人気を得ています。私立大最難関で、入試の特徴として一般的な現代文と古典の試験を課していません。代わりにほとんどの学部の入試で小論文が出題されます。課題文と資料が与えられ、内容を文章でまとめ、自分の意見と対案を論理的に記述する形式になっています。慶應義塾大学が第一志望なら、現代文の対策が必要です。いったん入学すれば、将来的に就職活動を有利に進めることができます。



立地条件が良くて人気のキャンパス



選択の条件として無視できないのが立地です。本校は首都圏の一等地にあっても、1~2年次は隣県や郊外にあるというキャンパスもあります。駿河台キャンパス、和泉キャンパス、生田キャンパス、中野キャンパスの4つがある明治大学の文系学部は、駿河台と和泉の2ヶ所に通学し、どちらもお茶の水、明大前駅から歩いてすぐと恵まれた立地です。都内の各所から簡単にアクセスできて、すべての駅から徒歩5分以内と抜群の好立地は、他の首都圏では他にはない条件です。

複数のキャンパスに分かれながら、すべてが交通アクセスに恵まれている明治大学は、首都圏の私大でナンバーワンと言えます。都会的なキャンパスライフを送りたい学生には理想的な環境で、人気があります。また、四ッ谷駅から徒歩5分と好アクセスを誇るのが上智大学です。首都圏で人気の私大は早稲田、慶応ですが、その双璧に上智大学を加えて3強とされており、好立地が影響しているのは間違いないでしょう。

1年次に神奈川県の日吉キャンパスに通学する慶応や、駅から遠い早稲田を避けて、上智を選ぶという学生も一部いるそうです。ただ、早慶と並ぶだけあって入試レベルは最難関クラス。ほとんどの学部は偏差値が高めで、特に法学部国際関係法学科、総合人間科学部社会学科は偏差値が高くなっており、最近は早稲田と上智の偏差値の差はなくなってきているとされます。ただ、すべての入試科目はマークシート方式で、歴史科目については漢字を覚える必要はありません。



授業のフォロー体制で人気のキャンパス



大人数の講義ばかりでは、途中で内容が理解できずについていけなくなる学生がどうしても出てきてしまいます。しかし、近年は大学の責任でサポートする必要があるという考え方が浸透し、補習授業を導入するところが増えてきました。落ちこぼれを作らないフォロー体制がしっかりしているところとして、首都圏では日本経済大学があります。学力的には中堅的存在ですが、圧倒的な就職率の実績を上げています。これは入学時に優秀な学生だけを集めているわけではなく、普通の学生を一流の社会人に育成していることになり、そのことを可能にしているのが、大学独自のキャリアサポートシステムです。

資格試験やビジネスマナー、大学が主宰するキャリア支援講座には簿記、外国語、公務員試験対策、ビジネス能力試験などの資格試験対策のための授業が行われ、誰でも受講できます。単なる講義だけでなく、生徒の必要に応じ、個別指導も実施してくれます。仮に全体の講義で分からない、理解できない内容があっても、ついていけなくなることはありません。普段の授業でもクラス担任制を採用しているので、学業と生活面のサポートをフルに行います。学生一人ひとりに向き合う取り組みが実を結び、卒業生の就職率の実績に結びついているのだと思います。

都内町田市にある中堅私大、桜美林大学も希望すれば授業のサポートを受けることができます。小中学校から高校レベルの内容まで苦手分野はネットの学習形態で徹底的に理解力を高めます。補修の他にも就活のSPI対策としてネットの学習形態を活用しており、自宅や外出先からも携帯電話やパソコンなどで学習プログラムを受講することができます。全学部の偏差値はそれほど高くないので、日東駒専(日大、東洋大、駒大、専大)を第一志望としている受験生のすべり止めとして人気があります。


お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

よくある質問

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る