コラム

家庭教師のLNSのトップ > コラム > TOEICのメリットや家庭教師の利用について

TOEICのメリットや家庭教師の利用について


TOEICのメリットとは


TOEICとはスコア評価、グローバルスタンダード、英語コミュニケーション能力という3つの総合評価に特徴がある試験です。日本にある数多くの資格試験は合否を想定して提供されます。

例えば医師国家試験、弁護士や検察になるために通過しなければならない司法試験は合否で資格取得ができるかどうかを判断します。一方でTOEICはスコア評価になります。スコアは10点から990点で評価されます。スコアは英語能力がどのぐらいあるのかを客観的に示すものになります。

また、一度ではなく複数回受けることによってどのぐらい能力が向上したのか、低下したのかを把握でき、学習基準としても役立てられます。グローバルスタンダードなため、TOEICは幅広い国で実施されています。その数は約150カ国にも昇り、日本だけでなく、多くの国々の人々が試験を受けています。

グローバルスタンダードを提供するために国独自の文化に関する英語問題、国独自の英語表現などは全て排除され、様々な国が公平に受けられる試験を提供しています。コミュニケーション能力の向上を実現するために、和文英訳や英文和訳だけでなく身近なコミュニケーション能力もこの試験では試されます。

日本の英語教育においては他の国に比べて水準が低く、課題として挙げられることが多くなっています。初等教育においては現在、英語が取り入れられていますが、従来においては中等教育からスタートさせていたため、英語を苦手に感じる方も少なくありません。しかし、一方で英語は世界共通語です。

実際に社会に足を踏み込めば英語の能力を試される機会が多くなっています。実際にビジネスのシチュエーションで英語をクライアントとやり取りする際には、大学受験などで出題される聞き取りや読解能力だけでなく、話す力が求められます。話す力は大学入試センター試験で出題されることがなく、大半は読解、ヒアリングになるでしょう。

このような日本の英語教育の弱点を補ってくれるTOEICでは総合的に評価されるため、学習者も実践的な能力を上げるために役立てられます。

また、企業の面接官もスコアは採用の判断基準として活用できるでしょう。実際に企業や団体においてもスコアを基準にしているところは増えています。例えば先程も述べたように採用基準で活用される時はスコアが600点以上など事前にスコアの最低点数を応募要項に記載している企業も少なくありません。

また、採用時の基準としてだけでなく、海外出張や駐在基準としても活用している企業は増えています。世界展開をしている日本企業はたくさんあります。例えば海外に製品を売るために海外支店を設けている企業、円高のために海外に資本を輸出し、工場を運営して低コストで部品を製造している企業など幅広い企業が世界で活躍しています。

海外展開する際には本社の社員を出張、駐在させて業務にあたることが求められます。英語を話すことができない社員を出張させると業務効率の低下などの懸念があります。こうしたことから人材を判断するためにTOEICのスコアは役立てられます。



家庭教師を利用しよう


高校受験、大学入試センター試験など英語の試験に触れる機会は少なくありません。しかし、このような試験とは異なり、TOEICでは英語の能力を総合的に判断されることになります。今までの知識で対応できない方もいるでしょう。もし独学でスコアを上げる自信がない方は家庭教師の利用を考えましょう。TOEICに特化したサービスを提供する家庭教師は日本に存在し、直接マンツーマンで学ぶことができるので、英語能力の向上に役立てられます。

また、TOEICの問題を解いている時には解決できない問題に遭遇することもあるでしょう。そのような問題が発生した時には家庭教師の先生に直接質問を投げかけて疑問点を解決できます。直接教室に通うのではなく、自宅まで家庭教師の先生が足を運んでくれるため、時間に余裕がない方でも一時間や二時間、自宅で英語を教えてもらうことができます。就職のため、昇進のために英語能力を高めてTOEICの点数を高めたい方は家庭教師を利用しましょう。



家庭教師派遣会社?


家庭教師は直接個人と契約することもできますが、家庭教師派遣会社に連絡をして家庭教師を紹介してもらいます。派遣会社では実際に授業を体験してもらうために無料体験授業を提供しています。無料体験授業を利用すればどのように教えてくれるのか、先生との相性などを契約前に知ることができ、派遣会社利用の判断基準として活用できます。

また、ホームページでは受講生の声を公開しています。受講生の声を閲覧すれば実際に体験した方の感想などをうかがい知ることができます。資料請求をホームページから受け付けている派遣会社が多く、資料請求では料金などの最低限の情報だけでなく、多くの情報が掲載されているので、その派遣会社のことについて深く知ることができます。


お申込みはこちら
無料体験授業・資料請求

よくある質問

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-155-599

[受付時間] 平日10:00〜21:00
※ 土曜・日曜・祝日・当社指定休日は受付しておりません。

 このページのトップに戻る